フコイダンエキス 癌 効果

フコイダンエキスの癌への効果は?

 

フコイダンエキスによる癌に対する効果で注目されている点は4つあります。

①アポトーシス誘導作用
②免疫力賦活作用
③血管新生抑制作用
④治療の副作用軽減

 

それぞれについて詳しく見ていきます。

 

フコイダンエキス癌への効果 目次

 

 

 

フコイダンエキスの癌への効果

①アポトーシス誘導作用

 

アポトーシスというのは、癌細胞の自殺ということです。
癌治療は、患者さんの免疫力の向上とともに効果が現れて来ますが、
「フコダインエキス」は癌細胞に直接作用していると考えられます。

 

癌細胞の自殺というと何か劇的なことが起こっているように思われるかもしれませんが、
人間の体内では毎日起こっている普通のことです。

 

ただ、癌細胞は遺伝子プログラムに異常が起き「限りない増殖」を起こしてしまいます。
「フコダインエキス」は、癌細胞の遺伝子異常に働きかけ、正常化させていると考えられます。

 

実際に「フコダインエキス」で死亡した癌細胞の顕微鏡検査では、細胞がアポトーシス(自死)を起こした時特有の細胞輪郭のガタガタ乱れが確認されました。

 

 

こうした状況証拠の確認のために、「フコダインエキス」が本当に癌細胞のアポトーシスを誘導したのかを確認する実験が行われました。

 

実験は、2種類の癌細胞で実施

  • ヒト前骨髄性白血病細胞株
  • ヒト卵巣がん培養細胞株

 

フコイダンエキス,癌,効果

フコイダンエキス,癌,効果

 

内閣府認証 NPOフコイダン研究所「アポトーシス効果の検証」より引用

 

 

この実験より注目するべきことが分かってきました!

 

フコダインエキスの原料によりアポトーシス誘導作用に違い

コンブ由来フコイダンエキスよりも、
もずく由来フコイダンエキスの方がアポトーシス誘導作用が強い。

 

 

濃度を高めるほどアポトーシス誘導作用は強くなる

実験では、フコイダンエキスの濃度が濃くなるに従いアポトーシス誘導が強く現れています。

 

フコイダンエキスは直接癌細胞に作用

癌に効果があると言われる健康食品「アガリクス」「メシマコブ」などのキノコ類は、飲用後胃腸で有効成分が吸収されて免疫力が上昇することにより間接的に癌細胞に作用しますが、「フコダインエキス」は癌細胞に触れることにより直接作用していると考えられる。

 

 

フコイダンエキスの癌への効果

②免疫力賦活作用

 

癌へ免疫が作用する仕組み その1

癌に効果があると言われている健康食品に「アガリクス」「メシマコブ」のキノコ類があります。
有効成分と考えられるのはβグルカンです。

 

βグルカンを免疫細胞が外敵と判断し増殖することにより免疫賦活作用が起きていると考えられます。

 

「フコダインエキス」は、βグルカンと同じ多糖類で「アガリクス」「メシマコブ」などと同等の免疫賦活作用があることが分かっています。

 

「フコイダンエキス」の成分は菌類の細胞壁の原料と同じく高分子多糖類です。

 

免疫システムにはまだ分かっていない事が多いですが、フコイダンエキスの高分子多糖類が腸管免疫により外敵と判断されることにより全身の免疫力の活性化が起こっていると考えられています。

 

 

 

癌へ免疫が作用する仕組み その2

本来自分自身の細胞である癌細胞を異物と見なして攻撃をしてくれる免疫細胞は大きくわけて3つです。

 

①マイクロファージ
大きな細胞で、血管を越えて体内をパトロール。
癌細胞を発見するとヘルパーT細胞に情報を送り援軍要請。

 

②T細胞
T細胞は、機能を元に4種類に分類されますが、癌細胞の攻撃に関しては司令塔であるヘルパーT細胞と癌細胞の殺傷能力を持つキラーT細胞が大きく関わっています。

 

③NK細胞
免疫システムとは別に単独で異物をパトロールする免疫細胞。
癌細胞を発見すると増殖し襲いかかります。
若い健康な人にも癌細胞は絶えず発生していますが、このNK細胞のお陰で癌が発症しないと考えられています。

 

癌への免疫作用の内、「フコダインエキス」は
マイクロファージNK細胞を活性させることが分かりました!

 

 

フコイダンエキス,癌,効果

 

マイクロファージは、外敵を死滅させる時に「活性酸素」を発生させて死滅させます。
この時にグルコースが必要となるので「グルコース」入りの「マイクロファージ」に「フコダインエキス」を添加して実験。
フコダインの添加によりグルコースの消費量の増加によりマイクロファージの活性化が確認されました。

 

 

フコイダンエキス,癌,効果

内閣府認証 NPOフコイダン研究所「NK細胞の活性化の検証」より引用

 

「実験内容」
マウスにマウス腹水腫瘍細胞(サルコーマ180)を皮下投与し、フコダインエキス・アガリクスなど5種類の飼料で実験。
飼育20日後にNK細胞活性を測定した結果、NK細胞の活性化が確認されました。

 

 

 

フコイダンエキスの癌への効果

③血管新生抑制作用

 

癌の進行を早める要素として、癌細胞自身がより多くの栄養を得るために即席の血管を作ってしまうことが挙げられます。
このことを「血管新生」といいフコイダンはこの血管新生を抑制することが実験により実証されています!

 

フコイダンエキス,癌,効果

 

内閣府認証 NPOフコイダン研究所「血管新生抑制効果の検証」より引用

 

 

「実験内容」

 

ヒト臍帯静脈由来血管内皮細胞に濃度をかえてモズク由来フコイダンエキス、メカブ由来フコイダンエキスを添加し、リン酸緩衝生理食塩水(コントロール)も同時に培養し比較を行いました。

 

実験結果から2つのことが分かりました!

 

①より高い濃度のフコイダンエキスの方が血管新生抑制効果が高い

 

②もずく由来フコイダンエキスよりめかぶ由来フコイダンエキスの方が血管新生効果が高い

 

癌の転移を抑えるフコイダンエキスの効果

 

この血管新生抑制作用は癌の転移を抑えるという意味合いにおいても重要です!
癌組織から剥がれた癌細胞は、この血管新生によって出来た血管を通って全身を巡るようになります。
つまり、癌の転移の危険性が高まるわけです。
血管新生を抑制することは、癌の転移を抑えることにも繫がります。

 

 

フコイダンエキスの癌への効果

④治療(抗癌剤、放射線)の副作用軽減

 

癌患者さんのフコイダンサプリメント使用時の共通口コミ
  • 白血球の数値が低下せずに治療が継続できた。
  • 抗癌剤特有の吐き気、食欲不振、脱毛がなかった。
  • 体の冷え、だるさが軽減した。

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

 

フコダインエキスによる抗がん剤の副作用軽減は、先ほど紹介した「免疫力賦活作用」と大きく関わっています。
免疫力が高まることにより、白血球の減少が抑えられ副作用が軽減されるということです。

 

詳しく見ていきたいと思います。

 

抗癌剤使用の場合

 

抗癌剤は幅広い範囲の癌に効果があるため、癌の転移予防や血液・リンパの癌に使用されます。
抗がん剤の主な副作用は、吐き気、だるさ、脱毛です。

 

これらの副作用は、造血細胞がある骨髄がダメージを受けて「骨髄抑制」の状態となり、白血球・赤血球・血小板が減少することにより起こります。

 

放射線療法の場合

癌細胞は、遺伝子異常を起こし無限に増え続けようとします。
放射線療法は、癌細胞の増殖プログラムを破壊し消滅させる療法です。

 

放射線療法は、癌細胞を狙い撃ちしますが完全ではなく周辺の正常な細胞にもダメージを与えます。
白血球は特に放射線に弱く、数が減少し免疫力が低下します。

 

 

フコダインエキスによる免疫システム正常化作用

 

フコイダンエキス,癌,効果

 

内閣府認証 NPOフコイダン研究所「抗癌剤治療の副作用緩和効果の検証」より引用

 

 

「実験内容」
 マウスに、抗癌剤「フルオロウラシル(5-FU)」を投与し副作用を誘導し、作製。
通常(Control)飼料あるいはフコイダンミックスを含む飼料を抗癌剤と並行して与え12日間食べさせた後、脾臓から免疫細胞を採りだし、測定しました。

 

 

実験の結果、抗癌剤とフコイダンを同時に投与した場合には、NK細胞(免疫細胞)の低下が防げることが分かりました。
放射線療法においても、副作用の軽減に期待が持てます。

 

 

フコイダンエキスの癌へ効果の高い摂取方法は?

 

フコイダンは、原材料となるもずく、めかぶ、昆布などから摂取することが出来ます。
癌の予防の為にこれらの海藻を食事として摂取するのは良いかもしれませんが、
癌への効果を期待するのは現実的ではありません。

 

一番フコイダンの含有量の多いもずくでさえ癌への効果を期待するならば最低1日に1キログラムは食べなければなりません。

 

 

おすすめの摂取方法は、ドリンクやサプリメントタイプのフコイダンです!

 

フコイダンは濃度が高いほど癌細胞のアポトーシス(自死)誘導作用が強くなることが分かっているので、使い始めは濃度の高いドリンクタイプのフコイダンを使用するのが良いでしょう。

 

 

おすすめのフコイダンエキスは?

 

フコイダンエキス,癌,効果

フコイダンエキス癌におすすめ1位
フコイダンVシリーズの特徴

 

アポトーシス(自死)誘導作用の強いもずく由来フコイダンエキス
血管新生抑制作用の強いめかぶ由来フコイダンエキス
2種類のフコイダンエキスを同時配合。
癌を殺す作用、癌の転移を抑える作用が1つで期待できます。
免疫力賦活作用の高いことで知られる「アガリクス菌糸体エキス末」も配合。

 

 


 

  フコイダンVカプセルタイプ(180カプセル) フコイダンVドリンクタイプ(50ml×24本)
 

フコイダンエキス,癌,効果

フコイダンエキス,癌,効果

価格 39,000円 60,000円
フコイダン含有量 1カプセル=250mg 1本=2500mg

 

フコイダンエキス,癌,効果

フコイダンエキス癌におすすめ2位
沖縄フコイダンシリーズの特徴

 

フコイダンエキスはオキナワもずく1種類のみ。
販売されているフコイダンエキス商品の中では比較的安く入手できます。


  沖縄フコイダンカプセル(180カプセル) NANOフコイダンエキス顆粒(2g×60包) 沖縄産100%使用フコイダンエキス(75ml×60包)
 

フコイダンエキス,癌,効果

フコイダンエキス,癌,効果

フコイダンエキス,癌,効果

価格 19,940円 43,200円 64,800円
フコイダン含有量 1カプセル=233mg 1包=600mg 1包=3000mg

 

 

 

 

フコイダンエキス癌におすすめ3位

フコミンシリーズ キムラファンクショナルフーズ

 

フコイダンエキス,癌,効果

フコイダンエキス癌におすすめ3位
フコミンシリーズの特徴

 

オキナワもずく100%単一原料フコイダン。

 

 


 

フコミンカプセル
71000
(180カプセル)

フコミンスティック
8100
(10ml×30包)

フコミンスティック
24000
(30ml×30包)

 

フコイダンエキス,癌,効果

フコイダンエキス,癌,効果

フコイダンエキス,癌,効果

価格 58,115円 8,023円 24,069円
フコイダン含有量 1カプセル=400mg 1包=270mg 1包=810mg

 

 

 

フコイダンエキス,癌,効果

フコイダンエキス癌におすすめ4位
TAKARAフコダインシリーズの特徴

 

フコイダンエキスの抽出の難しいガゴメコンブ由来のフコイダンエキスを100%使用。
価格は他のフコイダンエキス商品と比較すると高めです。
乳酸菌も同時配合。

 


  フコイダンカプセル(60カプセル)

フコダインエキス200
(70g×30包)

フコダインドリンク200
(50ml×30本)

 

フコイダンエキス,癌,効果

フコイダンエキス,癌,効果

フコイダンエキス,癌,効果
価格 16,200円 16,200円 16,200円
フコイダン含有量 1粒=100mg 1包=200mg 1本=200mg

 

 

フコイダンエキス癌への効果で選ぶならヴェントゥーノのフコイダンVシリーズ!!

 

フコイダンドリンクやサプリメントは、比較的安く原料が入手出来るオキナワもずく由来のフコイダンエキスで作られることが多いです。

 

アポトーシス(癌細胞の自死)誘導作用が高ければいいという方は、オキナワもずく1種類の原料を使用したフコイダンでも充分かもしれませんが、癌の転移を抑えたいという方には血管新生抑制作用の高いめかぶ由来のフコイダンエキスを同時配合したヴェントゥーノのフコイダンVシリーズがおすすめです!

 

 

また、フコイダンエキス自体にも免疫賦活作用を高める作用はありますが、更に強い免疫力賦活作用をもつアガリクス菌糸体エキス末を配合しているので放射線や抗がん剤治療の副作用を抑える意味でも安心できますね。

 

 

 

 

フコイダンエキス,癌,効果